Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

*1馬力で頑張るママを応援する知恵袋ブログと「好き」を楽しむ*

menu

ママの玉手箱 は笑ったり泣いたり怒ったり

お金が無くてもスキルや資格を身に付けてステップアップする方法

母子家庭で世帯主として子供達を養うためには
まずは育てる対価(お金)を稼がないといけません。

もちろん、何らかの理由で働くことが困難な方もいるでしょう。
その方はお住まいの市町村役場へ行ってその旨を伝えて相談してみてくださいね。
今からは、働いて生活費を稼ぎ出すパターンのお話をします。

スポンサーリンク



優先順位はなに?

どんな仕事がしたいですか?
自分は何がしたい?
どんな仕事にチャレンジしたい?

出来ることなら、どうせ働くのなら、
興味のある仕事をこれを機会にチャレンジしてみてもいいと思うのです。
そんな観点から探してみてもありありだと思います。

もちろん最優先は『子育て資金を作る事』です。

だからと言って、
生活費のためにツラクテ辛くて、毎日泣けてくるような仕事では続きません。
お金の為ではあるけれど、全てがソレではシンドイし空しいですね。

興味はないけれど
「へぇ~こんな仕事もあるんだあ」
って思えた仕事でもいいですよね。

なるべく前向きにチャレンジできそうな仕事から目を向けてみてくださいね。

スポンサーリンク



働きながらスキルを磨く

私にはとりえがないから…。
これと言って自慢できるものが無いから…。

仕事って
労働で対価を頂くということ、
人間関係の輪を広げること、
社会勉強。

など色んな事も学べたりしますが
私は仕事(職場)は一番お金をかけずにスキルアップできる場所だと思ってるんです。

いわゆるOJTですね(OJTとは出典:Wikipedia)
学びながらスキルアップして
尚且つ、いや、なのにお金がもらえる
って良いなあって思っています。
労働を通して自分の価値に繋がるんです。
本当に小さな事から大きなことまで。。

私の場合は
会社で初めて電話応対の仕方を学びました。
ね?当たり前のような小さなことですよね?

でもそれをマナー講習を受けたら、安くても数千円払わないといけなくなります。
と言うか…
マナー研修ってそんな事を学ぶ場であって有料で教えるスキルです。

そして実践ではないので頭の知識にはなって、メモもとったとしても、とっさの動作につながるか…。
自然と体が動かないと言う意味ね。

例えば先日、
娘がインターンシップ先にメールをする時に、企業さんに仕事としてメールのやりとりをするのは初めてでした。
当然ですね、学生ですもん。
本当に些細なことですが発信の方法を聞いてきました。
「どうやって送るの?」
の質問ではありません。
メールの送受信なぞ若者の方が知っています。

聞きたかったのは、会社メールを送るのに夜は何時まで送っても失礼ではないか?
と言うことでした。
「失礼な時間がある」と、感じてるだけで◎です(親バカ)

それに対して私は
『もしも遅くて申し訳ないなと思うのであれば…』
とメールに付け加える文章のアドバイスをしました。

このように何気ない日々の仕事でも、自分自身に見についたことは沢山あり、それを生かすことができます。

私の中では一番無料で教えてもらえて(言い方)ありがたいと思っているのがexcelです。
仕事的にすごく難しい関数まで活用するわけではありませんが、普通に暮らしていてexcelって習得することってないだろうと思います。
それこそパソコン教室に通わないと…。

おかげで私の少ない知識でも立派に家計試算表作ることができました。
私は過去職歴で色々経験しましたが、それぞれの業界で知識はもちろん技術まで身に付けることができました。
それとか…電卓打つ速さやテンキーの数字入力が早くなりました(笑)

そんな感じで仕事って何気にこなしているだけに感じますが、立派に自分の価値につながっているんだなぁって思います。

お茶出し一つでも知らない人はいます。
珈琲のスプーンの位置も知らない人は知りません。
お茶出しした帰りにお盆はどうやて持つ?とか..。
お茶出しが無い仕事に就いていれば未経験でも当然ですよね。
それを知ってるだけでも立派な自分の価値だと、私は思います。

スポンサーリンク



それは全て次に生かすことが出来ます

で、何が言いたいのかと言うと。。
このスキルを無料で身に付けることが出来るだけでもラッキーなのですが、次に転職する時に立派なスキルになっていると言うことです。

電話応対だって、これまで当たり前のように応対して来た人もいますが(私もそうでした)出来ない人は出来ません。
初めは紙に書いて読んでる人もいます。
シドロモドロは、先方に伝わってイラつかせてしまう事もあります。
何度も名前聞いたりね。
聞いてると毎回先方の名前を聞きなおしてる人もいます。

それを
前職はずっと電話番だったわ…。
と言う人でも初めての人よりは明らかに名前を聞きなおす回数は少ないはずです。
しっかり聞く習慣が身についているので。
受話器を取る手に抵抗感も少ないでしょう。

嫌な人はなんとなく理由をつけて着信があると何かしら行動して電話に出れない状態を作り出して拒否します(周りは見ぬいてるのにね笑)←先日まで派遣で来てた人

そんな人が入ってきた時、あっさり電話に出てくれるだけでも他スタッフはとても助かるのです。
これは実際にあった話なので本当です。
こんなこと…評価の対象にならない。
と思っていた、前職で当たりまえのようにこなして来た仕事が、次の職場では感謝されることもあるのだと頭の片隅に残しておいてくださいね。

転職する時は自信を持って、自分のしてきたコトの棚卸をしてみてください。
そして、ほんのり転職も視野に入れている人は、在職中に色んな業務にチャレンジしてみると良いと思います。

業務中に勉強できるなんてこんな効率のいいことはありませんよーー!

スポンサーリンク



資格だって取得できるチャンスも

業務には資格がないと出来ない業務もあったりします。
そんな時も会社業務のために試験を受けるので(会社命令)会社の経費負担で資格を取得することができることもあります。

女性で多いのが生命保険や損害保険の募集資格かな。
こちらも資格がなければ仕事ができないので、まず最初にするのが受験です。

合格して晴れて業務に就けるのですが、メリットはこの資格は退職しても消えないと言うことです。
この資格は保険業界のみではなく、証券会社や金融、カード、不動産業界でも活躍できます。

なので
他に条件が良い所が見つかれば転職だって可能です。

その時には履歴書の資格の所に書くこともできます。
経理の場合、自己啓発などのために経理部門の資格を取得することもできる可能性もあります。
それは常に経理の仕事に携わりながらの受験なので試験内容にも「見たことない問題」と言うのが少なくなりますね。

他にも色んな仕事現場で必要な資格を、仕事をしながら取得することができます。

そして、それは退職したからと言って消滅するものではありません。
何故なら職場独自の認定資格ではなく、公式の資格がほとんどだからです。
あ、ちなみに私過去に赤十字の救助員の資格を取りました。
そのおかげで立ち泳ぎができるようになり子供達に感動されました(どうでもいい)

まれに…
会社独自の資格などもあるかと思うので、それは退職と同時に無くなりますね。

スポンサーリンク



次につながるチャンスを見逃さないでね

そのまま定年まで同じ職場で真っ当できるのも素晴らしい!
また、段階を踏んでどんどんスキルを磨きながらステップアップしていくのも素晴らしい!

働き方には色んな働き方があると思いますが、どれも無駄ではなく素晴らしいと思います。
だって、自分のスキルも磨かれて子供達まで大きくなるのですから。

これまで、私も色んな仕事をしてきましたがどれも無駄な時間だったことは一つもなく、良い事も悪い事も全て経験として自分に生きています。
就職活動をしてきた、今している子、へのアドバイスに繋がっています。

自分自身のスキルアップ、ステップアップは意外とお金をかけずに、なんならお金をもらって出来る方法もあると言う視線で周りを見渡してみると、もっと自分自身がステップアップできると思います。

今、私が狙っているのが総務部門の扶養関係の知識です。
聞きまくるのは無料ですから~!
総務・・・狙われています(笑)



自分が思う自分と他人が思う自分が違う時素直に受け入れチャレンジ
初音映莉子さん朗読の「オランダへようこそ」がとても印象的
今、目の前にいる子供たちと出会えたのは奇跡*僕らは奇跡でできている
自分の子育ては合っているか分からない 正解を教えて欲しいと思った時
倉本聡さん「作と創」の言葉から子育てに繋がる考え方

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

プロフィール

ココロの内を
ついつい文字にしてしまいたくなる性格のため
いっその事表に出してしまおうと
ブログを始めました

ふと思ったこと。
から
ずっと思ってること。
等々思いのままに書いていこうと思います

ヲタク気質のため
偏り記事多い予感です

スポンサーリンク