Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

*1馬力で頑張るお母さんが毎日を笑顔で過ごせるお手伝い*

menu

HSPで母子家庭かあさんの仕事と自立、時々ヲタク

嵐の仲の良さの秘訣☆櫻井翔名言 遠慮と我慢のレベル設定ーひみつの嵐ちゃん!ー

嵐には
仲間として上手に付き合っていくヒントが
たくさん詰まっています

度々
こちらでご紹介していますが
今回は櫻井さんの持論を含めた想いを
ご紹介させてくださいね

2012.3.29放送
ひみつの嵐ちゃんで
櫻井さん主演の『ブラックボード』の
番宣を兼ねて
とある高校へ潜入しました
(進行役:相葉雅紀)

その時に
生徒さんからの質問に答えたときの内容です

嵐の仲の良さの秘訣はなんですか?

櫻井先生:
遠慮と我慢のレベルの設定
じゃないかなと思ってるんだよね
何でもかんでも
イラつくとかムカつくとか
そういう事すぐぶつけてしまっては
ナンセンスだと思うんだ
そこを1回我慢して
だけどそれを全部我慢してたら
どこがその人が悪いのかってのが
伝わっていかないから
伝えるべき所は伝える!
だけど、その遠慮だったり我慢だったり
きちんと設定して
それぞれの距離感を図っていく事
なんじゃないかな

*遠慮と我慢のレベルの設定

この言葉がすっごく心に『おちた』 私

『おちた』ってのはちょっと違うかな?
でも 最高に納得・共感できました

ほんとにそうだと思う

親しき仲にもではないけれど
最低限のラインって必要で
いろんな意味でも
気遣いは必要だと思っています

今回の櫻井先生の授業は
絶対子供達に見せたいって思ってます
その時の子供年齢・状態で受け取りは違うと思う
いつか適齢の時に見せようと思います



ほんとに
櫻井さん&相葉さん
って素敵だなぁって思った
やっぱり
5人を好きになってよかったし
好きになれてる自分が誇らしいです♪

5人はこの12年(放送時)
良い意味で遠慮・我慢をして
』として過ごしてきたのでしょうね。。。

10代から 家族以上にずっと一緒にいて
普通ならブツカッテることもあるだろう年代で

お互いを 想いあって
遠慮と気遣いの中でも
伝えなきゃいけないことは 伝えて
分かりあってきたのかな って。。

長く続けていきたいからこそ
人としての最低限の
遠慮と我慢のレベルの設定
をして過ごしてきたのだと思います

時には

言いたい事を言い合えないなんて
ほんとの仲間じゃねー!

なんて思う人もいると思う
この考え方に正解・不正解はないと思います
が、私は櫻井先生の考え方に賛成なのです

身内にもその設定を求めるタイプです 笑
遠慮と我慢
って一瞬ネガティブな感じにとられそうですが

私は
思いやり
って意味だと思っています

相葉さんの元気の源はなんですか?

相葉:
楽しいから笑うっていうよりも
僕はいつも
笑っていれば楽しい事あるかな
って考えます!
なのでみなさん、いっぱい笑いましょうね!

*笑顔でいれば きっと良いコトがある

って相葉さんの言葉
相葉さんが いつも言ってる言葉なんです
ほんとに 笑顔が似合います♪

たまに
気使いぃの相葉さんの笑顔が
切なく感じるときが あったりするけれど
その笑顔の先には
こんな相葉さんの気持ちがつまってるんだよね

出来ないところを補うよりも良い所を伸ばす

改めてオトシコミ

わかってるようで なかなか出来ないことで…
ほんとに出来た息子さんです(笑)
こんなに素敵な櫻井さん
櫻井さん大好きさんは誇らしいでしょうねぇ

学生さんたちの笑顔も本当に素敵でした

やっぱり 笑顔っていいですよね。。。

*シングルマザーになるかもしれない* 5mail
*仕事のこと* 5mail
*子育てのこと* 5mail
*保険のこと* 5mail
*お金のこと* 5mail
*HSPのこと* 5mail
*これからも幸せに生きていくこと* 5mail

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

〇掛け持ちは自宅、在宅ワークの教科書〇

*自分に自信を取り戻し自分を好きになれる教科書
>>未来型ドリーム
*好きなことを仕事にする教科書
>>ドリームライティングキャンバス

アーカイブ

プロフィール

ココロの内を
ついつい文字にしてしまいたくなる性格のため
いっその事表に出してしまおうと
ブログを始めました

ふと思ったこと。
から
ずっと思ってること。
等々思いのままに書いていこうと思います

ヲタク気質のため
偏り記事多い予感です

スポンサーリンク