Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

*1馬力で頑張るママを応援する知恵袋ブログと「好き」を楽しむ*

menu

ママの玉手箱 は笑ったり泣いたり怒ったり

仕事を掛け持ちツラい。それでも子供育て頑張るシングルマザーはスゴイ!

世の中の母子家庭は不幸で貧乏。
まだまだそんなイメージが世間の風潮。
ドラマや映画が良い例です。

大体問題を起こす子は母子家庭設定が多い。
実はこの作品作成の流れに『またか』とうんざりしています。

母子家庭ってそんなに不幸?
子育てすると子供はやさぐれるの?

母子家庭はそんなに不幸じゃないよ。
っていつも心で叫んでいます。

私もこれまで子育てして来て何かあった時は
「あそこお父さんいないからね、仕方ないよね」
と全てが母子家庭にされてしまうのが嫌で、そう言われない為に必死に頑張って来ました。

何か良いコトあっても
「あそこ母子家庭だからスゴイね~」
なんて100%言われません。
「母子家庭なのにスゴイね~」
とは言われるかもね。(苦笑

でも、何か良くないコトがあると
「あそこ母子家庭だからね」
とか言われます。
納得な空気と共に…。

矛盾しか感じない。

両親揃ってる家の子供が何かあっても
「両親揃ってるからね~」
なんて一切言われないんです。
「両親揃ってるのにね~」
とは言われるかもね。

(それって
両親揃ってなければ何か起きる
の裏返しよね。)

でも、
一馬力家庭で何かあると絶対↑言われます。
「母子家庭」ってそんなに悪さの根源なの?
ってずっと思っています。

さて、そんな感じで母子家庭だから不幸なんて微塵も思っていない私ですが、では経済はどうかな?

スポンサーリンク



収入が低くなりがちの原因は?

以前にも母子家庭は貧乏が多い。
の記事を書きましたが、どうしても働き方の問題で
父子家庭よりも母子家庭の方が年収は低いですね。

父さんは
結婚を機に寿退社とか出産で失礼します。
なんて節目節目で仕事を代わる事がほぼありません。

その点、母さんは
節目で一旦仕事に区切りを付けてしまいがちです。
私も寿退社をした一人です。
当時は当然離婚するなんて考えてなかったし時代が寿退社の風潮でした。
そして結婚、出産、引っ越し。

その時々の生活環境に合わせて母さんは自分が合わせて来ました。
そんな人が大半なのでは?

もちろん仕事を続けて来た母もいて
実際、結婚しても仕事を辞めなかった正社員のママ友が離婚しましたが、仕事が勤続年数も増していて、ただ旦那が居なくなり自分が色んな事を背負っただけで大きく生活は変わっていません。
勤続年数も十分なので信用もあり新築マンションを購入しました。
やはり、続けるってスゴイことですよね。

でも、、、
誰もゆくゆく離婚するなんて思って結婚しないです。

もしかしたら離婚するかもしれないから仕事辞めるのはやめておこう。
なんて考えないですよね。
今の時代は多少はいらっしゃるかも?
あ、独身時代の貯金はヘソクっておいた方が賢明です。

なので、どうしても女性は仕事歴がリセットされてしまいます。
たとえ元の会社に戻れたとしても、そこからの勤続年数カウントです。

そして、もしも会社を辞めていなくても旦那さんが転勤族だったらついて行く事になりますね。
「数年したら遠い実家に帰る」
ことになっていたらその時点でリセットですね。

そんなこんなで女性はリセットの機会がすぐ近くにあるのです。
その為にどうしても初任給からのスタートで年収も少なくなってしまいますね。

これは父子と母子の一番大きな違いだと私は思っています。

スポンサーリンク



掛け持ちしてでも育てる母さんはすごいんだ!

外に働きに出ることだけが仕事ではありません。
家で内職することだって立派な仕事、収入源です。

仕事を掛けもってまで子供達を自分の力で育てる。

って考えてみたらスゴイことです。
仕事を増やせば増やすほど、自分の時間はなくなります。
自分の時間を切り売ってでも子供達を育ててるんです。

いやいや、、当たり前だから。

もし昔の私がこんな言葉を投げかけられたそう答えていたと思います。
自分自身ではスゴイことなんて思っていなくて、当たり前だと思っていたし、
そもそも当たり前過ぎていて、とにかく掛けもってでも収入を得る事を深く考えたことはありませんでした。

掛け持つのは
「足りないから」
生活費が足りないから足りるまで働く。

そして足りて
「あぁ今月も乗り切った」
それだけの生活でした。

でも、、
いざ自分がその生活から離れてみて、客観的にその生活をしているシンママ達を見ていると、本当に頑張ってる。
スゴイよ!
って心から思います。

自分ではないものの為に自分を費やす
んです。

今、必死に掛け持ちしてでも自力で頑張ってるシンママのみなさん。
自信もって胸張って「私スゴイ頑張ってるんだ!」って感じてね。

在宅ワークも色々増えてきましたね。
小物制作の内職以外にも、今は自宅でデータ入力や記事書きなどパソコンの仕事もたっくさんあります。
一度どんな仕事があるか確認してみるとイメージが沸いてくるかもしれません。

他にもポイ活で家計を潤わせている方々もいます。
もしも、スマホゲームするのが息抜き。。
なんて方はポイントサイトのゲームなら楽しみながらポイントも貯まっていきます。
お買いものもサイト経由するとポイントサイトにもポイントが貯まっていずれ換金できます。

お家にいる時間に少しでも収入の足しになれば、より子供が小さいうちは家にいられますね。

頑張り過ぎてはダメだけど、楽しめる範囲で小金を得るのは心も潤います。
私も小金欲しいのでちょっと覗いてきまーす!

覗いてきたらまた書きますね!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

プロフィール

ココロの内を
ついつい文字にしてしまいたくなる性格のため
いっその事表に出してしまおうと
ブログを始めました

ふと思ったこと。
から
ずっと思ってること。
等々思いのままに書いていこうと思います

ヲタク気質のため
偏り記事多い予感です

スポンサーリンク