Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

*1馬力で頑張るお母さんが毎日を笑顔で過ごせるお手伝い。HSPで母子家庭かあさんの仕事と自立、時々*ヲタク*

menu

ひとり親家庭の母さんが自力でお金を稼ぐ方法

別居してるのに夫の代わりにビデオレンタル延滞金を支払い謝罪した記憶

これは別居中に起きた話です。
自分は全く関係ないのに
簡単に巻き込まれ、心乱された思い出です。

別居中の最中のとある日、レンタルショップから連絡がきました。
随分、何十年も昔の話で正確な文面は忘れてしまったので概要で・・・。

『○○さんのビデオ返却期日が過ぎていますが、返却がありません。
このまま返却がない場合は法的手段を進めますね』
と言う内容でした。
今日はこんなこともあるから気を付けてね!
と言う私の経験を書きます。

そうレンタルショップから手紙を震える思いで読みました、けど・・。

スポンサーリンク



レンタルショップヘ連絡

は?
ここには夫はおりませんし、ビデオもありません。
が、私の回答でした。

でもとりあえずはこの状態のままでは放置は出来ないし
そもそも夫がこんな状態になっている事を知りません。

心配性の私は『法的手段』の言葉にドキドキが止まりませんでした。

もう電話するしかない。
しばらく夫と連絡を取り合っていませんでした。
電話をすると店長さんが出ました。

○○の家の者です。お手紙を読んでご連絡しました

ああ、はい

もうまるで「お前も共犯だろ?」と言わんばかりのトーンです。

夫とは別居していてココには居ない
物もない
と伝えました。
でもそれは通用しませんでした。

実際、夫が入会時に記載した住所がココだったので。
ヒドイ。
酷過ぎる。
(そうですよね、、きっと店長さんからすると
こんな酷いお客は初めてではないよね・・・。)

でも請求されても物がここにないのだよ、店長さん。

と、とりあえず、延滞金額を聞くと『9,800円』でした。
は?
9800円?
もうありえない金額です。
逆に言うとこんな金額までレンタルショップは待ってくれていたのですよね。

とは言え、ココにはモノが無いのです。
そして9,800円なんて大金も出す余裕はありません。
でも、そうして時間が経てば経つほど延滞金は加算されていってしまいます。

店長さんは私の状態に同情をしてくれるものの
そこはどうにもなりませんでした・・・。

スポンサーリンク



私がとった行動

これは、夫に連絡するしかない。
電話をするととても愛想のない夫が電話に出ました。
状況を説明すると「仕事が忙しいしお金が無いから返却出来ない」とのこと。


ふざけとる!

ふざけ過ぎていやせんか?
そもそも返す時間が無いモノ(当時24時間ポストなし)を
どうして借りた?
どこにそんなお金も時間も余裕があった?

もう心の中はワナワナ震えて
声まで震えてしまうほどでした。

でも、そこで喧嘩をしている時間はありません。
とにかく早く帰さないとまた加算されてしまいます。
結局、私が夫の職場までビデオを取に行き
夫の代わりにビデオショップヘ返却して延滞金を支払うことにしました。
自分でそう決めたの。

無言で受け取って、レンタルショップに持って行くと
カウンターには電話対応してくださった店長さんがいました。

「大変ですね」
逆に恐縮気味にビデオと延滞金を受け取っていました。

「もう退会にしてください」
と謝罪しながら言い残して帰りました。
帰りの車では悔しくて涙が止まりませんでした。

スポンサーリンク



夫の不始末、妻が負う義務がある?

何故?
何故夫の不始末を妻が全部責任を負うの?

自分と子供達の生活を守りたかったからです。

ココを無視して督促状が来続けることが
私には恐怖であってストレスでしかありませんでした。
たかが、ビデオです。
たった1本のビデオを返さないと言うだけで
裁判所送りは本当にやめて欲しかった。

こんな情けないことして
空しい以外の何物でもありませんでした。

もしかしたら、こんな状況になっても
「知りません!」
と突っぱねることも出来たかもしれませんね。

今思えば、
ここに居ないからと
職場の住所と電話番号を教えてしまっても良かった
かも知れませんね。

だって、今回のこの一件
どこをどう見ても私は全く関係ないのですから。

その時は「法的手段」と言う言葉が怖かったことと、
きっと私がこのまま離婚すると完全に思っていなかった
からかもしれません。

離婚の話が進んでいたわけでは無いので..。

結局
このことで私が割いたものは
心の乱れ、職場経由の往復時間1時間半、9800円と言う大金、嫌な記憶です。

もしも同じような事が起きたら、どうするか?
私なりに考えてみました。

1. 状況を話す
2. 状況を話した上でお店の考えを聞く
3. 状況説明しても理解を得ることが出来なければ延滞金覚悟で無料相談に行く。
  か、お店の意向に従ってスッキリさせる
4. 夫の会員証没収と解約をさせる
5. 夫との関係次第で私のように一緒にレンタルショップヘ行けない場合
  ダメ元で退会をお願いする

でしょうか。
どちらにしても全く気分のいいことではありません。

9800円も出したせいで一気に一ヶ月生活も苦しくなりました。

今回はレンタルについて書きましたが
「夫の名義で」
と言うことは色んな所で生じる案件だと思います。
ただ籍が入っているだけで、色んな損をします。しました。

一番大きかったのが夫が住民票を移さなかった事件ですが
(これは籍抜いたのに案件)
色んな小さい事で障害になります。
離婚しても夫が住民票を移動してくれなかった弊害

別居期間・..本当に良い記憶がありません。

スポンサーリンク



*シングルマザーになるかもしれない* 5mail
*仕事のこと* 5mail
*子育てのこと* 5mail
*保険のこと* 5mail
*お金のこと* 5mail
*HSPのこと* 5mail
*これからも幸せに生きていくこと* 5mail

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

〇掛け持ちは自宅、在宅ワークの教科書〇

*自分に自信を取り戻し自分を好きになれる教科書
>>未来型ドリーム
*好きなことを仕事にする教科書
>>ドリームライティングキャンバス

アーカイブ

プロフィール

ココロの内を
ついつい文字にしてしまいたくなる性格のため
いっその事表に出してしまおうと
ブログを始めました

ふと思ったこと。
から
ずっと思ってること。
等々思いのままに書いていこうと思います

ヲタク気質のため
偏り記事多い予感です

スポンサーリンク