Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

*1馬力で頑張るママを応援する知恵袋ブログと「好き」を楽しむ*

menu

ママの玉手箱 は笑ったり泣いたり怒ったり

母子家庭の仕事探しは生活費に残業手当を宛てにしてはいけない

一馬力で子育てをしていくには仕事を探さないといけませんね。世帯主ですから。

その仕事探しをする基準として残業手当を宛てにして、一ヶ月の生活費設計を立てるのは非常に危険です

0求人情報の書き方も色々で要注意!

昨年、娘の就活の時に初めて気づいたのですが(私は今の職場で10年以上勤務しているため久しく求人情報を見ていませんでした)

とある企業が基本手当22万円と書いてあり、大卒の娘なので基本給がそれくらいでもおかしくありませんが、それでも悪くないなと思って会話を続けていました。

娘:基本給22万だって
母:まあまあ悪くないよね
娘:うん、基本給22万カッコ残業20時間含むって書いてある
母:・・・は?残業20時間含む?
娘:うん・・そう書いてあるけど...?
母:それってしっかり聞かないと分からないけど、そこに残業20時間含むって書いてあるってことは、残業20時間してその金額ってことじゃない?
娘:え?そうなの?
母:確認してないから本当かは分からないけど、残業含むって事はそこに含まれてるわけだし、それに毎月20時間くらい残業はありますよってことだよね?
娘:そうなんだ・・・じやあやめた方がいいかなぁ

母:しっかり判断はできないけれど、できれば基本給と残業は分けて情報発信してくれてる企業の方が親切だよね。その状態では残業必須だし逆に残業がないと手取りが減るって意味にしか取れないし・・・

と、このような会話をしました。
随分、不親切な企業もあるものですね。
私は、この企業の開示方法にとてもビックリしたのです。
が、まあまぁ大きな企業です。

そして、そのような書き方はこの一社に限らず何社かあったのです。
へえー。今ってそんな時代なの?
今ってこうなの?なんだか、詐欺にあってる気分だし、22歳やそこらの初めて就活する若者には、とても不親切でグレーな会社だなぁって思ったのでした。

スポンサーリンク



求人の残業記載が絶対とは限らない

残業を元々あるものとして考えるのが私はとても苦手です。

仕事を探す時も残業時閤はしっかりチェックして仕事探しをしていました。
決して働きたくないのではありません。

私の場合は保育園に時間までにお迎えに行かないといけないという【時間制約】があったから残業チェックをしたことに間違えはありません。

でも、残業がある事が前提で残業を見越しても、お迎えまでに間に合ったとしても私は選ばないです。
何故なら、残業20時間って書いてあったとしても本当に20時間で終わるのかの確証は一切ありません。

もしもさらに繁忙期で忙しくて、繁忙期の残業時間が30時間になったら?
もうその時点でお迎えには間に合いません。
アウトなのです。

と、言う思いがあって残業はあっても月5時間あるかないか?の企業を選んでいました。

スポンサーリンク



生活費としてあてにしてしまう誘惑

とは言え・・・
残業手当って時給も割増しでおいしいですよね。

だからこそ、残業をあてにしてしまう誘惑待ってます。

それが私は怖くてね、残業は宛てにしないのです。
だって、もしも企業さんが不況に陥って残業カットになったら?

今年度の働き方改革で、すでに残業時間の規制が始まりました(残業45時間事態も多いですよね。この時点で週休2日の会社は毎日2時間も退社が遅くなのるのです。私的には無しです。笑)

残業っていつまでもあるものでは無いと思っています。

私はこれまでに不況を見てきているので、余計慎重になるのかも分かりませんが、働き方なんて上司が変わるだけで方針も変わります。

大きく就業規則が変わる訳では無くても、簡単に人事異動で上司が変われば変わります。
なんなら、自分が異動になって残業がない部署に行くかもいれません。

その時に、残業を見越してローンを組んでいたら?
残業が無く帰宅も早いから副業をすることも一つの案ですが、もしも勤めている会社が副業禁止だったら?

残業で仮に毎月2万円多くもらっている生活が当たり前になっていて、それを見越して車のローンを組んでいたら?
60回ローンであと48回も残っている時に残業が無くなったら?

生活を切り詰めてなんとかなるのであれば良いのですが、そもそも切り詰めてなんとかなるのであれば残業を見越した生活はしていませんよね。

子供が制服制服を破ってしまって2万必要だから今から2ヶ月頑張ろう!
とか、短期の急な必要な出費は良いと思います。
私もたまにやります。
単発に出費が必要になった時に・・・笑。

が、長い支払いに関して残業手当を宛てにするのはお勧めできないなぁと思います。私はね。

確実じゃないもの。

職場にもいるのです、残業を宛てにしている一家の主が。
残業を減らす動きが会社に出た時に、彼はボヤイテいました。
宛てにするからやろ・・って私は思いますが、毎日いつまでも会社にいるんですよね。(影で給料ドロボーと言われています。)

友達のシンママも転職した時に『残業していかないとやっていけないんだ』と言っていまいました。
このままこの先も残業が続けばいいけれど・・・

転職するとお給料減る時もありますよね。
分かります。

元居た職場が本当にストレスで一刻も早く辞めたい時もあると思うので、残業してでも辞めたいと思って転職してしまう時もありますね。

やりたいコトと収入と人間関係のパランスがうまく取れない時もあると思います。

それでも、長いこの先を考えた時に少しでもストレスを軽減するためには残菓手当はもらってラッキー、あぶく銭の感覚で仕事を決めて欲しいなぁと思います。

—他にも読まれています—
シングルマザーの仕事の探し方は?生活費はいくら必要?
離婚後の働き方【パート・アルバイト】で生活できる?掛け持ちは?-シングルマザーー
離婚後の働き方【派遣】母子家庭育児と仕事の両立ーシングルマザーー
離婚後の働き方【正社員・契約社員】として母子家庭育児ーシングルマザーー
【はじ恋】最終回、卒業式での山下先生の言葉で気づかされる

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

プロフィール

ココロの内を
ついつい文字にしてしまいたくなる性格のため
いっその事表に出してしまおうと
ブログを始めました

ふと思ったこと。
から
ずっと思ってること。
等々思いのままに書いていこうと思います

ヲタク気質のため
偏り記事多い予感です

スポンサーリンク