Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

*1馬力で頑張るママを応援する知恵袋ブログと「好き」を楽しむ*

menu

ママの玉手箱 は笑ったり泣いたり怒ったり

買い物をし過ぎないコツ!欲は抑えないで好きなように行動をする

今はもっぱら断捨離中なので
『入れる・増やす』
の、作業は一切してないのですが昔はなんだかよく分からない買い物も含めて小物を買っていたと思います。

100均とか誘惑しかないです。笑
スーパー隣接の100均とか...逃げるのに必死でした。

あそこをこうしたい。
ああしたらスッキリするな。

その度にその時の自分は良いと思って収納など買っていました。
結局サイズ合わなかったり、何か違ったり・・・ね。

そんなこんなで断捨離すると100均モノが出るわ出るわ。
100円だからいっかー!の誘惑って強者ですよね(笑)

他にも手芸系や文房具系、お弁当系。
100円の呪縛です。
100円だって10個買えば1000円なのにね~。

決して100均が悪いのではないのです。
私の計画能力の無さが100均の良さを最大限に生かしてないだけです。
100均大好き。
何か必要時はまず100均から探します。
普通にかわいいしね!

でも、安いのに可愛いのが命取りなのですが笑。

衣類も同じです。
レディースって本当に安いですよね。
息子の服を買っていて思うのですがメンズって普通が高いんです。
生地を多く使うから?(単純)

その点、レディースは本当に安いしシーズンと同時にバーゲン始まるくらい安売りも早い段階になりますよね。
だからつい買ってしまうとも言いますが…。

普段、色んな自分のモノを買わない私としてはショッピングに行くとあまりの安さに欲しくなってしまうんですよね。
仕事の服欲しいなぁ…とか。
とくに今回車から電車に変りいちおう見られてる意識があります(笑)

でも、その欲も最近はその場で解決できるようになりました。
では私はどうやって毎回買い物せずに帰宅して欲も消えているのでしょうか?
結局手ぶらで帰る事がほとんどで気持ちもスッキリして帰れます。

スポンサーリンク



欲のままに泳がせる

欲しいものは欲しいし、欲があるのは自然なコトですよね。

ヨレヨレよりも新しいモノがいい。
服も何年も着て洗濯を繰り返していれば生地も薄くなってきています。
そんな時、シャンと地の厚いまっさらな洋服を見るとキラキラして見えます。
その綺麗なモノを見て『キレイだなあ。。いいなぁ。。着たいなぁ』って着用した自分を想像して欲しくなってしまうのはごく自然ですね。

それに
欲しいから買い物に行くわけで。
気分転換のウインドウショッピングは別ですが。

そんな時、私は『いいなぁ欲しいなぁ』って思ったものはその時の『欲しい!』と思った感情に素直に従って好きなように自分を泳がせています。

タイムセールをしている時もあります。
そんな時もあまり深く長く考えずとにかく『欲』のままに動かせています。
あ、私をね。

あれもいい!これもいい!
これ会社に着て行こう!
あの服と合うな!
夢いっぱいでテンションもあがってウキウキしてきます。

こうして私の物色祭りはしばらく続きます。

スポンサーリンク



時間と共にクールダウン時期がくる

しばらく欲のまま欲しいモノを手にして更なる物色を続けていると買い物熱もほんのりとクールダウンしてきます。
欲しい!欲しい!
とフガフガ息荒くしていた感覚も平熱に戻ってきます。
その時に自分がわんさか手にしている『欲しいもの』を見てみます。

本当に必要?

欲しい欲しいと思っている時は、普段目にしないもしくはそこまで欲しくないモノまで、あれやこれやと夢が広がって欲しい状態になっています。
いつもなら『どうしようかな』と思って『やっぱ、やめとこ』レベルの商品を『まいっか買っちゃお!』とランクを上げてしまう感じ。

なので、そのフガフガしている時の熱は下がらないので好きなだけ手に持たせてみるのご私の方法です。
が、平熱になった時に素直に自分に聞いてみます。

本当に欲しい?

たとえ1000円でタイムセールで700円になっていたとしても、お金は出ていく事に変わりはありません。

700円出しても欲しい?
それだけこの買い物に価値ある?
これなくても代用で過ごせない?
そんなに足りてない?
それでも必要?

そう考えた時、たいてい棚に戻すのです、私。
ま、いっかって…。

どうしても無くて困って必要なモノ、心から気に入ったモノは何も考えずに速攻でレジに向かっていますよね。
このクールダウンが『欲しい欲』の自分から取捨選択できるのです。

スポンサーリンク



明日来よ!

昔は欲しいばかりで、時間を空けるなんてことは絶対できませんでした。
今、ほしい!でした。

でも、今は
『明日になってもどうしても欲しいなら買おう』
『次に来た時も残っていたらそれが縁だ』
と一旦帰ることも出来るようになりました。
過去の私には絶対に出来なかったことですけどね。

これが不思議なもので・・・

一旦帰ると意外ともう買わないです。
他にも、通勤で利用している駅にもちょっとしたショッピングモールがあります。
それで、可愛いなぁ買っちゃおうかなぁと思った時に
『来週、休み明けににまだ残っていたら買おう。縁がある』
と本気で思って帰り、休み明けまだその商品が残っているのを目にしても
『あ、残ってる』
って思うのですが購入のアクションはまず起こしません。
次の日もまた次の日も残っていても『可愛いね』って思いながら買う事はないです。

きっと、本当に欲しければ初日に購入しているのでしょう。
もちろん、値段との兼ね合いもあると思います。
でも、それで買わないと思うと言うことは自分自身にとってその値段に値する価値が無いと言うことだと思うのです。

スポンサーリンク



自分にとっての価値

その値段では買わない。
それは自分にとってその値段をだしてまでも必要ではないと書きました。

ならば、
もっと値段が下がったら?

先日、買い物に出かけた時『しまむら』が目に入り急に駐車場INしました。
本当はしまむらへ行く予定ではなくて食料品のお買いものでした。

ですが、最近ずっと
『今のセールで夏物を数枚買っておいて来シーズンの会社用の服を買おうかな』
と考えていたからです。

と言うのも、先ほど書いたことがまさに今の自分に起きていて利用している駅近くの服屋さんで普段はあまり安くないお店なのに私好みのカットソーが1000円で売られていました。

わぁー!可愛い!欲しい!

と思って購入しようか考えていたのですが
『よし、明日も残っていたら買おう』
と帰ったのです。
かなりの本気モードで購入気分でした。

そして翌日、まだ残っていました。
その翌日も残っていました。
その翌日には可愛いと思っていても1000円出すことが惜しくなり週末を迎えてしまいました。

そんなことがあった休みです。
しまむらに急に入った私の目にしたものは300円500円の山です。
え?300円!?
迷わず300円から物色始めました。
そして500円。
次から次から手に取っていきます。

カゴを持っていなかった私の手はハンガーで後がついています。
そして、あらかた見終わると次に試着をしてみます。(試着も購入熱を下げることに一躍買うんです)
一着づつ着て取捨選択です。

可愛いのに似合わないもの。
似合わない訳ではないけど無理して買おうか悩むもの。

色々試着をすると現実が見えてきます。
そうして3着を購入するのをやめました。
結局購入したのは6着。
これで来シーズンの会社用の服は完了です。

でもスゴイです!
6着購入して2200円!

1着370円程度です。

もちろん、バーゲンでその値段になっていただけで中古品でもありません。
大満足でした!

大満足!!
そう思った時、やはり自分が納得できる金額なら出せるんだと思いました。

1000円に悩んだ私が2200円は出せる。
もちろん枚数が多いのですが、1着300円500円だから購入する気になったのでした。
でも、いくら300円.500円だからと言って「ま、いっか」の度合いでは買いません。

ソレにソノ金額が出せますか?
って話です。

欲のまま好きなだけ泳がせる。
クールダウンを待つ。
素直に自分に聞いてみる。

これをすることで本当に買い物欲をコントロールできるようになったし、自分はあまり物欲がない性格であることが分かりました。

スポンサーリンク



手作りもありあり

そして、私は納得できないと自分で作れないか考えます。
その時の労力はいとわないので手作りできるか考えます。
今、考えているのがこれから寒くなる季節に通勤で首に巻く暖かいヤツです。

マフラーは長い、
スヌードはかさばる、
とか色々考えて欲しいデザインはあり、300円で売っているのを見つけたのですが300円が出せませんでした。

さぁどうする。
いまその段階です笑。
その結果はまた記事にしますね!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

プロフィール

ココロの内を
ついつい文字にしてしまいたくなる性格のため
いっその事表に出してしまおうと
ブログを始めました

ふと思ったこと。
から
ずっと思ってること。
等々思いのままに書いていこうと思います

ヲタク気質のため
偏り記事多い予感です

スポンサーリンク