Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

*1馬力で頑張るママを応援する知恵袋ブログと「好き」を楽しむ*

menu

ママの玉手箱 は笑ったり泣いたり怒ったり

涙を流すのはストレス解消になる【涙活】ゆうこりんに勧めたい

今夜放送の【今夜くらべてみました】で「涙」のキーワードが出てふと思い出したこと

涙を流す事はとてお良い事でリラックス効果があるそうです
数年前に聞いたことがあったのですがその時もすごく納得したことがあって
涙の効果をしらべてみました

 

人の自律神経は、交感神経と副交感神経で成り立っていますが、「感情解放の涙」は、副交感神経の働きによるものです。
副交感神経は「リラックスしているとき」「休息しているとき」「眠っているとき」に働きます。

リラックスしたら、映画や朗読などの鑑賞をしましょう。
そこで展開される世界に感情移入することで、日常生活の中で抑圧されていた感情を自然と解き放つことができれば、
悲しみや苦しみが浄化されて快感(カタルシス)を得ることができます。

また、今では涙活イベントが全国各地で開催されていますが、一人で泣くよりも、
涙活イベントに参加した方がストレス解消ができるともいわれています。

というのも、人は緊張していると、副交感神経の反対に交感神経が働き「感情解放の涙」を流すことができません。
「人前」というのは、心理的に緊張が勝ってしまうシーンですが、そんな状況にもかかわらず泣けるのであれば、
それだけ心が深くリラックスしている証なのです。

「感動の涙」は劣化した心を修復する

そして、映画や朗読などを鑑賞して涙を流すことは、さらなるメリットに。
それが「感動の涙」。
ストレス解消に効果的な涙には、「感情解放の涙」の他に「感動の涙」があります。
小説などを読んで「感動の涙」を流したことがある人も多くいることでしょう。
出典:Yakult

 

小倉優子さんが出演していました

今日の放送で小倉さんは忙しい毎日を送って心に余裕が無くなった時は子供を寝かせてから
一人でお酒を飲んで泣く
と言っていました

これは少々ツライ涙かもしれませんが
きっと泣いた後が気持ちがスッキリするのではないでしょうか?
いっぱい一杯になった気持ちの緊張が外れて「涙」と言う気持ちで流れたのだと思います

まだまだ子供さんが小さいので、なかなか外へ出ることは出来ないでしょうし
思うようにストレスが解消できないのかもしれませんが
今の環境を楽しんでほしいな・・・と思います

以前ゆうこりんの密着が放送されていましたが本当に一生懸命頑張るお母さんでした
素敵でした
一生懸命頑張るだけに辛くなってしまうことも多いのかもしれませんが
感動の涙を沢山流せるようになるといいな。と思います

長男くんはお母さんの事をすっごく思いやっていると先日話されていました
子供も小さいなりに受け止めてるのだと思います
沢山抱きしめてあげて欲しいなと。。と思います
もちろんゆうこりんでしたら沢山抱きしめていると思いますが^^
ただ、その息子くんの気持ちが分かるだけに自分を責めてしまって気持ちを追い込んでしまう時もあるので
ちょっと心配ですが・・・



就寝後の夜の時間を有効活用してほしい

まだ子供たちも小さく就寝時間も早いと思うので
たっぷり自分の時間をとって欲しいです(週に一度でもいい)

そんな時ステキなお話のDVD見たり、本を読んだり、ブログを読んだりして
感動の涙と沢山流してほしいですね
私も大好きなアーティストのDVDを毎晩・毎通勤い観て沢山の涙を流していました(笑)
でも不思議とすごくスッキリしていました

「涙」の力を体験して思ったこと

その後「涙」の力を知ってすごく納得しました
何時間も見る必要はなくほんの数分でもいいから
集中してその世界に入れればそれで充分だと体験した私は思います

私はいつも同じ映像を見て泣いていましたので・・・笑
例えばライブDVDであれば、その一曲とか、そのシーンや、そのセリフとか
本当に効果的でした

 

【涙活】と言うのもあるようです
初めて知りました
試してみるのもいいですね!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

プロフィール

ココロの内を
ついつい文字にしてしまいたくなる性格のため
いっその事表に出してしまおうと
ブログを始めました

ふと思ったこと。
から
ずっと思ってること。
等々思いのままに書いていこうと思います

ヲタク気質のため
偏り記事多い予感です

スポンサーリンク