Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

*1馬力で頑張るママを応援する知恵袋ブログと「好き」を楽しむ*

menu

ママの玉手箱 は笑ったり泣いたり怒ったり

子供の夢の応援が楽しい!夢は変わってもいい。常に背中を押したい

息子が大学に入学しました。
かれこれ…彼の歴史で代々興味があった分野とは全く違った方向へ進みます。

なんとなく『こっちに行ってみるか』と思って進んだ分野ですが、実際入学して二日目、オリエンテーリングでちょっと詳しくこれからの事を聞いてみるとすごーく興味が沸いたようで、21時過ぎに帰って来た息子の目はキラキラしていました。

頂いてきた色んな資料に目を通しながら、その日に学校で仕入れて来た情報を、あーでもない、こーでもないと沢山話してプリントも見せてくれました。

本当に楽しそうです。
だって『あー一明日が楽しみ~』って言葉に出ていましたから・・・笑

もちろん、これから色んな事に直面し勉強にもつまずく事もあるでしょう。
今のようなキラキラな瞳とは、ちょっと変わっていくと思います。

それでも『楽しい』と言う気持ちが残っている以上、頑張って4年間続けていけると感じています。

これから4年後の国家資格試験目指して、私も応援していきたいと思います。

スポンサーリンク



良くも悪くも変わらない新人マナー研修

小さい頃『大きくなったら。。』なんて話している頃から夢は変わることも普通と思います。
それでもどんな夢(目標)に変わっても応援していきたいなと思っています。

長女も元の希望業界から一つ隣りの分野に進みました。(隣てどこ?)
それでも『4/1が楽しみなんだ~』と、長女は言っていました。

その楽しみな毎日が長女も始まりました。

どちらも、私ではない違う人生です。
仕事内容も、勉強内容も私とは全然違う情報を持って帰ってきます。
それでも、子供たちが帰ってきて色んな話をしてくれるのが、まるで自分も違う経験をしているようで、本当に楽しいのです。

異業種の話を間くのが大好きな私にとっては、宝物を見つけるような話ばかり。
本当に新鮮で、もしかしたら私の方がキラキラした目をしているかも笑。

長女に関しては、業界の話は全く知らない情報でも社会人としては私は先輩です。
マナー講座を受けてきた長女の話と、リアルな職場でも理想と現実の答え合わせをしました。

私は子供達を小さな頃から礼儀だけは厳しく育てて来たので、それだけはきちんと出来る子になったと思っています

が、娘もなんだかんだ22歳のしかも平成の若者です。
昔からほとんど変わらないマナー研修に色んな疑問を抱いて帰ってきました。
『悪しき日本の習慣』とまでも言っていたくらい。

それでも、一度そんなマナー研修を経験しているのとしていないとでは大きく違うし、同じ社会でも職場、業界によってルールも変わってきます。

確かに、それでもマナー研修ってどの研修でも同じですよね。
ちなみに、その研修は外部講師の某生保会社が請け負っていたようです。
請け負い会社が行えば尚さらオリジナルはありません。

名刺の渡し方、エレペーター・タクシーの乗る位置・電話応対などなど...あと、お茶出しとか?

そこに疑問が沸くのも無理ないなぁ。
その疑問の応え合わせをしてフォローしていくのが社会の先輩であって、母親であって、娘の応援団の私の役目なのかなって思います。

娘も社会人になり母業も終了のようなものですが、まだまだフォローして行かないと!ですね。
ちょっと役割が変わりました。。

スポンサーリンク



子供の夢は無敵で可能性に満ち溢れている

息子はこれまでずっと一つの習い事をしてきました。
その習い事も大学受験のためにお休みをしていたのですが、晴れて大学入学も果たし習い事に戻るのか、昨日聞いてみたのです(最終的なご挨拶はしないといけないと思っているので)

すると『今は全くその世界には興味がない』と。

もちろん、入った学部の専攻も『へ~やってみようかな』と思って軽い気持ちで受験をしていたのです。
それでも、もう息子は大学でこれから学んで行く世界に興味をもち、もっとその世界の視野を広げようとサークルにも興味をもち、ポランティアにも登録をするようです。

これまで9年間ずっと続けてきて、納得をしたのかもしれませんが、息子のその切り替えの潔さに無限の可能性を感じたのでした。

「初めて恋をした日に読む話」
の中で順子先生が言っていた【 無敵の時間 】そのものでした。

もちろん、これまでもその時の息子の姿でその時の未来を想像していました。
もう、その未来は無くなるようです笑。
いいのいいの、それでも。。

色んな未来を感じれるこの無敵な時間が最高ですね。

うん、とは言え学生の立場、未成年の立場と言うことで責任も全て追う事のできる自由な立場ではありません。
それでも、これからの経験する時間は無敵だな!
って思ったのでした。

今からの4年間、新しい自分を楽しんで色んな経験もしてつまづいて、無敵な時間を楽しんで欲しいなあって思いました。

私は大学に行っていないので、子供たちが大学で過ごす4年間は私には無かった時間です。
その無かった時間を過ごしている子供たちを見ているのが、まるで自分も体験しているようで本当に楽しいんですよね。

まだまだ応援は続きます。
子供達も3人3色の未来へ進んでいきます。
その3色の未来を私も一緒に感じていけるのってお母さん冥利に尽きますね。。

また、早起きが始まりました。毎日眠いよーー!
が、きばって応援団長に努めます。

書道家の武田双雲さんのブログが心に響きました。
双雲が心がけてきた競争なしの世界。

子育ても誰とも比較することもなく、
自分の夢を託すこともなく、
純粋に『楽しい』と感じる子育て
を、見つけてけて子供の人生に乗っかって共に進んで行けたら最高ですね☆

—他にも読まれています—

*はじ恋シリーズはコチラ*
検索 はじ恋 キミハムテキ☆自分に責任を持つ『らしく』生きる【はじ恋】
【はじ恋】最終回、卒業式での山下先生の言葉で気づかされる
自分の子育ては合っているか分からない 正解を教えて欲しいと思った時

*子育てシリーズはコチラ*
僕らは奇跡でできている7話*シンママ虹ーお母さんの子育てに思う
倉本聡さん「作と創」の言葉から子育てに繋がる考え方
嵐と母との仲良しエピソードとメンバー母から学ぶ子育て論
大野智に失礼発言した女性記者がもし自分の親だったら?ー子育てー
ジャニショ写真で大野智ファンの悲劇と想いが強すぎる子育て共通点ー嵐ー

スポンサーリンク



関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

プロフィール

ココロの内を
ついつい文字にしてしまいたくなる性格のため
いっその事表に出してしまおうと
ブログを始めました

ふと思ったこと。
から
ずっと思ってること。
等々思いのままに書いていこうと思います

ヲタク気質のため
偏り記事多い予感です

スポンサーリンク