Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

*1馬力で頑張るママを応援する知恵袋ブログと「好き」を楽しむ*

menu

ママの玉手箱 は笑ったり泣いたり怒ったり

ARASHI BLAST in MIYAGI感想と大野智さんの状態

今年は嵐は20周年
アニバーサリーイヤーが
始まります

今回は野外は無いのかなぁ?
海外はさすがひ行けないけれど
国内で野外ライブを開催してくれるなら
ぜひ行きたいです♪

当たれば・・・ですが^^;

国立・ハワイ・宮城
色々ありましたね~楽しかった!

楽しかった想い出
今回はBLAST in MIYAGI
の想い出を書きたいと思います

宮城ライブと言えば・・・
大野智ファンには前日に衝撃的な大事件が発生しました
今となっては想い出に変わっていますが
前日に知った私は言葉が出ませんでした

突然の出来事
でも何の解決もないまま
バスの出発時間はやってきました

つくづく
時間は待ってくれないんだ
って思ったのです 笑

そんな色々あった宮城の想い出です

スポンサーリンク



ビールを飲んで記憶を無くしてしまいたかった気分で
宮城へ出発・・・苦笑

宮城へ到着

あの日、宮城快晴でした^^
日焼け止めが必要なほどで
寒さ対策と雨具は荷物軽減のため現地から宅急便で送る始末(笑)

絵画展にも行ってきました
てか、場所がグッズ販売と連携してて
今回 あらゆる場所の導線がほんとにスムーズで混乱を避けるために
すっごい入念にMTG重ねてたんだろうなぁ
って感じで 感心しきりの私たちでした

絵画展には ちょんまげの男の子の画が会場を守っていましたよ^^
ガラスケースの中に大切に保管されていました
でも・・・京都で見たときほどの感動はなかったな(笑)
あの時は 男の子の目にほんとに吸い込まれそうになったけれど
昨日はちょっとかすんで見えた・・・きっと私の目が曇ってたんだね(笑)

座席は今回アリーナFブロックでした

さて。。

ここからは 
まったくメモを取ってない私の記憶に強く残ってるコトしか書けないショボイ感想です

智くんは
始め出てきたときから お顔が強張っていました(そらそーだろ)
その後笑顔になるも 私が智くんを確認できてる範囲では
一度も 釣ってません
私が見る限り ファンサはお手降りとピースのみ
ピースも初めからはしてなかったかな・・・

今朝の新聞で知りました
ライブ前に 新聞の囲み会見してたんだね
(それで10分開演が遅れたの?)
そのままのライブなので 表情も延長するよね

それに ほんとに怖かったでしょうね
ファンのお顔を見るのが・・・反応が・・・
怖くて怖くて仕方なかったでしょうね

でもそんなの あそこにいるファンだって同じです
しかもあの場のファンは
直前に『全否定コメント』があったことを知らないんだもん

どんな顔して出てくるのかも分からなかったし
どんな顔して迎え入れればいいのかも分からず・・・
昨日に今日で心の準備もないままの参戦ですから

この私が珍しく
オープニングで泣かなかったのです
相当 テンション変わってる
泣かないオープニングなんて初めてです(笑)

しばらくは複雑な気持ちで観てたな・・・正直な気持ち

でもね
3曲目のHappinessだっけな?
中央の宇宙船的なものが開いて
中に乗り込んで(真ん中の支柱を背に5人が囲んで直立的な)
宙を縦横無尽に動き出すの(コレすごくいい)

で、初めに私たちの上空に飛んできたのです(F4ブロック)
そのとき 
角度的にちょうど智くんが私の正面から向かってくる感じで飛んできて(低空飛行)
私 思い切り智くんにうちわ見せてペンライト振ったのです
(うちわの高さ守ってます・笑)

そしたら 
智くん見つけてくれて(低空のためで確実に視線が分かる距離)
うちわ見て
ずっと ずっとこっちを見て 微笑んでたんです

ずっと 微笑んで
『ありがとう』
ってお顔して何度もうなずいて微笑んでた

ちょっといつもと違う笑顔
余裕のない笑顔 

でもほんとに『ありがとう』って思ってる笑顔
その頃まだ冷静だった私
今回ばかりは 確実に確認できました
(いつも舞い上がって記憶ZERO・笑)

正直私も
『サトシックここにいるよ!ちゃんと来てるよ!』
って気持ちで必死に気持ちを送ってたし

智くん きっと嬉しかったんじゃないかな 
って思う(勝手な主観)
きっと 
もう 僕のうちわは無いんじゃなか
って思ってたと思うんだ

少なくとも勝手に私はそう思ってたから
『ここにいるよ』
って必死だった(結局・・・笑)
なんか その後泣けてきて・・・

自分自身もすごく複雑で
今後どうしていいか分からず参戦してたのに
必死に訴えかける私 気づいてもらった奇跡・結末
これが結論なんだと・・・

スポンサーリンク



それからも 
あちこちにうちわを見つけて
智くんが手を振ればみんなが キャーって手を振ってくれて
何も変わらない光景
もちろん たくさんのうちわがありました
感謝しかなかったと思うよ
初めのオープニング映像で智くんの写真でたら 変わらぬキャーだったですしね

でも、だから 皆にほんとに申し訳ないって思ったんだろうな
だから 最後泣けてしまったのでしょうね。。

智くんが 声が震えた瞬間は
応援
って言葉の時
その瞬間 一気に思いが沸き上がったんでしょうね
それからは 涙は流れなくとも ずっと目がウルウルしてた

智くんの言葉です(同行者メモより)

え~本日はどうもありがとうございました。
本当にこのひとめぼれスタジアム、ホントに2002年サッカーワールドカップ振りの試合以来です。
あの時、まさかここでコンサートやるなんて全く思ってなかったし出来るとも思ってませんでした。
それが今、10何年経てここに立ってるのが不思議です。
でも、みなさんの応援あってのことだと思っています。
この空間あってこその僕らだと思うので、これからもこの空間を何よりも大事にしたいと思っています。
これからも是非、僕らについてきて下さい。
ありがとうございました

最後「ありがとうございました」の後
ライトが暗くなった瞬間 

智くん唇噛みしめました

よほど 
今の状態が申し訳なく
悔しかったのだろうなって思う

自分がやってしまった事を 
改めてファンの温かさで感じた時間だったんじゃないかな
だから逆に 地獄のような時間だったでしょうね・・・
仕方ない 自分の行動だもの
きっとその場で 謝りたかったよね
(でもコメント発表前だしね)
そこに触れられないもどかしさは 会場全部が抱えていたと思う

これからもついて行きます

アンコールのユメニカケルの智ソロの時に花火が上がりました
その花火をボーっとみながら
(基本、昨日は私冷静です・笑)

『これまで、何回智くんとこうして花火を見てきたんだろうなぁ』
(ライブで←知ってる)
『あと、何回こうして一緒に見るんだろう・・・』
って 考えてた

翌日 新聞を見て
私は 智くんの言葉を信じていくしかない
って思ったのでした
智くんがそう言ってるんだもの

ほかの4人が ほんと優しくて
嵐のメンバーが窮地に立たされた時のカバー力はほんとスゴイ
痛いほど伝わってきた 最高の4人でした

翔さんも進行の段取りを間違えたりしてね(笑)
バックでは『翔MC Yeah!』なんて言ってたらしいです(笑)
優しい4人でした。。

ソロはtwoでした
美しかったらしいですよ←他人事
だって 一番遠くて見えなかったんだも---ん(泣)
でも視力のいい@雅紀は見えてたな
すっごい切なげで 美しかったって・・・
チ------ン 見えんかった

ニノくんも 歌詞間違えて
(よりにもよっってバック映像に歌詞あり・笑)
ファンが遠慮なく笑ったから 本人笑っちゃって^^
でも歌い終わってから 
『たんね~からだ』
と、52,000人のせいにされて 皆を敵に回した瞬間でした(笑)

いろんな気持ちが交差したけれど
宮城 楽しかったです。。
とても良い想い出になりました

野外ってなんとも言えない良さがありますよね!
またやらないかな~♡

あの時の私の感情と思うコトはこちらから。。
アイドルと恋愛 匂わせ女とひた隠し女はファンにとってはどちらがツライ?

—他にも読まれています—
ARASHI 10-11 TOUR Scene~君と僕の見ている風景~DOME+DVD 好きなところと感想 ー嵐ー
ARASHI Aniversary Tour 5×10 DVD 好きなところと感想 ー嵐ー
ARASHI AROUND ASIA 2008 in TOKYO DVD 好きなところと感想 ー嵐ー
Arashi SUMMER TOUR 2007 FINAL Time DVD~コトバノチカラ~好きなところ・感想 ー嵐ー
15周年の嵐Hawaiiライブビューイング(2014.9.21-22)の感想

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

プロフィール

ココロの内を
ついつい文字にしてしまいたくなる性格のため
いっその事表に出してしまおうと
ブログを始めました

ふと思ったこと。
から
ずっと思ってること。
等々思いのままに書いていこうと思います

ヲタク気質のため
偏り記事多い予感です

スポンサーリンク