Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

*1馬力で頑張るママを応援する知恵袋ブログと「好き」を楽しむ*

menu

ママの玉手箱 は笑ったり泣いたり怒ったり

東海三県おすすめ夜景遺産と検索リンク

東海地区で夜景遺産に認定された13カ所をまとめてみました

まだまだ寒ーい毎日ですがその分空気が澄んでるので
夜景を見に行くには良い機会ですね

夜景遺産とは?

「日本夜景遺産」とは日本各地に埋もれている美夜景を再発見&発掘し、一定の価値を付与することで観光資源としての成立を目指し、認定された夜景の価値を内外に訴求する活動です。夜景による国内初の認定ブランドとして2004年度(第一回)よりスタートし、毎年10~20ヶ所の夜景遺産地が誕生しています。(出典:日本夜景遺産 http://www.yakei-isan.jp/outline/select.php)

こんな認定機関があるのを知りませんでした
美しい夜景を後世に残していきたいと言う思いがあるようです
色々基準があるようですが現在全国で223カ所認定されているようです
夜景遺産には4つのタイプがあるそうです
自然夜景遺産:代表北海層函のような自然の景色
施設型夜景遺産:スカイツリーのような展望施設から鑑賞できるタイプ(全国40カ所)
ライトアップ夜景遺産:東京駅のような人工的の証明で照らし出されたライトアップタイプ
歴史文化夜景遺産:青森のねぶた祭りのような歴史的文化

 

東海三県の夜景の魅力(関西大学名誉教授 宮本勝浩氏)出典:サンデージャーナル
都市部では絢爛豪華なイルミネーションがあり物づくりの工業地帯では幻想的な夜景が見られる
また、田舎町に行くと都会の人にとっては非日常的で神秘的で自然と調和したイルミネーションが見られる
したがって東海三県は非常に夜景の綺麗なところ

 

今回は東海三県をピックアップしてみました
東海三県は全部で13カ所認定されています
沢山ありますね!

東海三県夜景遺産一覧

自然夜景遺産
蔵王山展望台公式HP
スロープから見る夜景がとても綺麗です
金華山公式HP
池田山(岐阜県揖斐郡池田町と揖斐川町(旧春日村)、不破郡垂井町に跨る標高923.9 mの山。出典:Wikipedia)
伊勢志摩スカイライン公式HP

施設型夜景遺産
東山スカイタワ-公式HP
ツインアーチ138公式HP
・名古屋テレビ塔(2013年認定)(公式HP
スカイデッキからのプロジェクションマッピングが大人気!(シティライトファンタジア)
演出を手掛けているのはNAKEDです(NEKED公式HP:http://naked-inc.com/)
オーロラや雲海まで現れるそうです
岐阜シティタワー公式HP
四日市港ポートビル(2015年認定)(公式HP
四日市港ポートビルから見る夕方日が沈んた直後の風景が一番のお勧めタイミング
工場夜景ファンにはたまらない景色です
工場地帯にこんなに高い展望台のあるのは全国にもないそうです
また四日市コンビナート夜景クルーズプランもあるので行ってみるのもいいですね(60分プラン大人3900円~)
工場との距離は50M・・・激近です
運が良ければタンカーや積み込み作業に出会えるそうです
作業(仕事)している人がいるから見られる景色です、ありがたいですね
元々横浜の港が始めて全国に広がったようです

ライトアップ夜景遺産
伝承菊公式HP
他の地方ではなかなか見られない景色です
全国一位の生産だからこその景色だと思います
伝承菊見学ツアーも開催されているようなのでぜひ体験してみるといいですね
ラグナシアイルミネーション公式HP
水上イルミネーション“青の宮殿”が見どころです
周りにはヨットハーバーもあり幻想的です
なばなの里ウィンターイルミネーション公式HP)←音でます注意
全国から訪れる人気抜群の夜景ポイント
毎年変わるテーマエリアは人気No1のエリアです
今年のテーマエリアは『熊本の美しい風景』少しでも復興の足掛かりになればと
三重からエールを送って熊本の美しい風景をイルミネーションで再現ています

歴史文化夜景遺産
ぎふ長良川鵜飼公式HP



他にも認定はされていませんが夜景の綺麗なスポットは沢山!

・半田市 赤レンガ建物
・中部国際空港(セントレア)
・尾張一宮駅周辺(冬の七夕)
・犬山市 博物館明治村(建造物のプロジェクションマッピング)
・名古屋市内
・アオシス21
・アスナル金山(バービーとコラボ)

冬には冬の景色があるので是非行ってみたいと思います!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

プロフィール

ココロの内を
ついつい文字にしてしまいたくなる性格のため
いっその事表に出してしまおうと
ブログを始めました

ふと思ったこと。
から
ずっと思ってること。
等々思いのままに書いていこうと思います

ヲタク気質のため
偏り記事多い予感です

スポンサーリンク