Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

*1馬力で頑張るママを応援する知恵袋ブログと「好き」を楽しむ*

menu

ママの玉手箱 は笑ったり泣いたり怒ったり

唇ガサガサ対処法☆民間の知恵

唇が荒れやすい季節がやってきました。

ここで主な原因と対策をまとめてみました。
自分自身も子供の頃から冬になると唇の荒れがひどく病院の薬で対処していたほどです。

唇には汗腺や皮脂腺がない為
水分が蒸発しやすく潤いを保つのが難しく乾燥しやすい状態です。
またアミノ酸や尿素などの潤いを分も少ない部分です。
そして、皮膚の一番外側の層である角質層が薄いため、内側からの水分蒸発が起こりやすくなのだそうです。

唇が荒れる一番の原因は『乾燥』とされていますが、乾燥以外にも唇の荒れの原因には色々あるようです。

**原因**

○唇を舐める
○口呼吸
○リップクリームや口紅が合っていない
○水分不足
○唇についた汚れ
○ビタミン不足
○こすり過ぎなどの摩擦
○食品の刺激
○紫外線
○ストレス
○なんらかの病気(口唇ヘルペスなど)

etc。。
思い当たる項目はありますか?私は何個かあるので改善策をいくつか試してみたいと思います。
特に唇が荒れやすい人にあるあるが「唇の皮をむく」です。
それも無意識に向いているので本人は気づいていない人が多いです。
もちろん私も無意識に剥いていて子供の頃はカサブタだらけでした(苦笑)
そんな悲しい唇にならないためにこ対策を考えてみました。

**対策**

あまりひどい場合はまずは病院に行ったほうがいいです。
もしかしたら荒れではなくなんらかの病気にかかってるかもしれません。
なんらかの病気ではないようでしたら家庭で予防・対策できることはやってみたいと思います。

○はちみつやワセリンを使った唇のパック(アレルギー注意)
○清潔に保つ(食品や口紅を残さない)
○ビタミンB2・B6摂取を心がける
ビタミンB2(皮膚や粘膜の健康維持を助ける働き)卵・納豆・乳製品・葉物野菜など
ビタミンB6(皮膚や粘膜の健康維持を助ける働き)バナナ・レバー・かつお・まぐろなど
○かぼちゃを積極的に食べてみる
○荒れているときはメイクは諦めマスクでケアする(薬用リップを塗りマスク内の保湿で早く治った経験あり)
○常に清潔な状態にする(メイク・食事後など)
○紫外線ケア
○唇マッサージ(優しく)
○口呼吸は乾燥の原因になるため鼻呼吸を意識する
○唇に負担をかけないメイクを心がける

ただし、偏った食生活では結局栄養バランスが崩れてしまうのでこれらの栄養素を積極的に摂りつつバランスの良い食事が一番唇にも身体にも良いと思います。
身体が健康になれば唇も潤って元気になるのではないでしょうか。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

プロフィール

ココロの内を
ついつい文字にしてしまいたくなる性格のため
いっその事表に出してしまおうと
ブログを始めました

ふと思ったこと。
から
ずっと思ってること。
等々思いのままに書いていこうと思います

ヲタク気質のため
偏り記事多い予感です

スポンサーリンク